「矯正後の保定期間って必要?」記事ページ。大和田駅の歯科・歯医者なら、大和田駅前朝霧歯科クリニック

電話をかける
Web予約

コラム

コラム COLUMN

矯正後の保定期間って必要?

こんにちは。
 
大和田駅の歯医者「大和田駅前朝霧歯科クリニック」です。
 
 
矯正治療が終了したあとは、「装置を外して終了」と思っている方は多いのではないでしょうか。
 
確かに、矯正治療が終了したあとは装置を外しますが、その後は「保定期間」に移行し、保定装置(リテーナー)と呼ばれる装置を一定期間装着する必要があります。
 
「せっかく矯正期間が終わったのに、また装置をつけるの?」と、不安になる方もいらっしゃるでしょう。
 
しかし、保定期間は矯正治療で整ったきれいな歯並びをこの先も保っていく、大切なステップなのです。
 
今回は保定期間の必要性やリテーナーの役割についてお話しします。
 
 

矯正後の保定期間って必要?

結論から言うと、矯正後の保定期間は必要です。
 
なぜなら、矯正治療の直後は歯ぐきや骨が移動した歯の周囲の組織にしっかり馴染んでおらず、とても不安定な状態だからです。
 
この状態で食事をしたり、歯ぎしりや頬杖など以前のような習慣を続けていると、せっかく整えた歯並びは再び乱れてしまいます。
 
これを「後戻り」と言います。
 
 
後戻りを防止するために必要なのが「リテーナー」と呼ばれる保定装置です。
 
保定期間中はリテーナーを装着しながら後戻りを防止し、治療後の歯並びを定着させます。
 
特に、抜歯を伴う治療や口元をガラリと変化するような大掛かりな治療を受けた方ほど、後戻りのリスクは高めです。
 
一定期間リテーナーを使用して、歯や周囲の組織をしっかり定着させることで、生涯に渡ってきれいな歯並びをキープすることができるのです。
 
 

きれいな歯並びは保定期間の過ごし方で決まる

矯正治療にとって、保定期間は超重要です。
 
この先の未来も、健康的で美しい歯並びをキープできるかは、保定期間の過ごし方にかかっていると言っても過言ではありません。
 
リテーナーをサボってしまったために、後戻りをしてしまうのは勿体ないですよ。
 
大和田駅前朝霧歯科クリニックでは、保定期間中も患者さまをしっかりとサポートします。
 
矯正治療のお悩みはいつでもご相談くださいね。